各種教室

2019年9月16日

各種教室

あまり知られていない珍しい楽器を中心に、
様々なカルチャー教室やワークショップを開催していきます。
日時、料金等の詳細につきましては、弊社FACEBOOKでお知らせいたします。

クリックすると詳細が開きます。

ニッケルハルパはスウェーデンの民族楽器です。

その特徴は、鍵盤を押さえ弓で弾く演奏スタイルと、12本の共鳴弦が醸し出す共鳴した響きにあります。

弦楽器なのに、時には笛やアコーディオンのような音がするときもあります。
音をきれいに出すこと自体は難しくなく、初心者にもハードルが低い楽器です。

講師

鎌倉和子さん
<プロフィール>
さいたま市在住
日本ニッケルハルパ協会会長
日本フォークダンス連盟公認指導
北欧文化協会会員
スウェーデン社会研究所会員

2004年、スウェーデンのニッケルハルパ伝承地ウップランドにあるエリック・サールストロム・インスティテュートに留学し、民族音楽、民族舞踊を学ぶ。帰国後、全国各地での講座やダンス講習会等でアコーディオン奏者の夫・博史と共に、踊りを含めたトーク&コンサート活動を続け、体験会や初心者講習会を開催してニッケルハルパの普及に努めている。
2007年に日本ニッケルハルパ協会を設立し、日本とスウェーデン両国の文化交流を図る活動に力を注いでいる。

日本ニッケルハルパ協会HP  http://nyckelharpajapan.com/ 

水野美香子さん
<プロフィール>
2004 ニッケルハルパに出会う/鎌倉和子氏に師事
2007 Eric Sahlstrom Institutet(スウェーデン)のサマーコースに参加
    講師はSonia Sahlstrom氏/Ditte Andersson氏/Olov Johansson氏
2011 Olov Johansson氏のワークショップに参加
2013 第1回Nordic&Celtic Mysic Partyにてワークショップ講師を担当
2014 第2回Nordic&Celtic Mysic Partyにてワークショップ講師を担当
2015 第3回Nordic&Celtic Mysic Partyにてワークショップ講師を担当

その他、IKEA船橋 IKEA新三郷等で演奏
日本ニッケルハルパ協会活動に参加

小柏奈々さん
<プロフィール>
桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ科卒業。三歳よりピアノを始め、各地のコンクールに入賞、卒業後、ピアノでの演奏活動を続ける傍ら、Gotlands Folkhogskola(民族音楽学校)やAlvkarleby等スウェーデンでの講習会に参加。スウェーデン大使館やIKEAなど都内を中心にカフェやギャラリーでの演奏活動を行う他、2016年より毎月第三土曜日にレソノサウンドにて定期開催されている「東京北欧セッション」のセッションリーダーを務める。

ニッケルハルパの教室は現在、月1度月末頃に行われる水野先生の教室(個人・グループ)か、生徒さんと相談して日程を決める小柏先生の教室が開催されています。
詳細はお気軽にお問い合わせください!

田中麻里さんが主に使用しておられるアイリッシュハープは小型で軽く、膝に乗せても弾ける可愛らしい楽器ですが、その音色は優しく、美しくて、メロウなメロディーを奏でると一段と引き立ちます。
当教室でもその楽器ストニーエンド社のイブを揃え、楽器をお持ちでない方にはそれを基にレッスンを行っていきますが、それ以外の楽器をお持ちの方でもレッスンは可能です。
また、田中麻里さんは、バウロンやボーンズといったパーカッションの演奏家でもあります。特に、田中さんはとても柔らかくバウロンを叩かれ、他の楽器との演奏ではとても気持ちのよいアンサンブルを奏でられます。

レッスンについて
*開講日 第1,3水曜日
*時間 12:00~20:30
*料金 個人レッスン 1コマ 50分 5,000円

講師

田中麻里さん
<プロフィール>
アイリッシュハープを西村光世氏、金属弦ハープをStefan Battige、Javier Sainz氏に師事。
’04~’09ドイツ在住、アイルランドにてHistorical Harp Society of Ireland(HHSI)主催のスクールに参加、ハープの伝統奏法を学ぶ。
ライブや各種イベント、テレビ等にて演奏。
ソロの他、歌、アイルランド伝統楽器、古楽器など多彩なアーティストと共演。
HHSI会員、日本支部員。
JEUGIA川崎講師。
アイリッシュハープ及びアイルランドのパーカッション教室主宰。

田中麻里さんのHP
http://www.harptanakamari.com/#!home/mainPage

田中先生のアイリッシュハープ・バウロン教室(個人レッスン)は毎月第1、第3水曜日に開催されています。詳細はお問い合わせください。

田中麻里さんのハープ演奏動画です。

古楽バグパイプ教室で扱うバグパイプは、ルネサンスタイプのバグパイプです。16世紀フランドルの農民の生活を好んで描いたピーテル・ブリューゲルの絵に出てくるバグパイプを元に、復元製作した楽器です。農民の踊りの伴奏楽器として、また羊飼いが放牧の合間に吹いた楽器として、バグパイプが野外でのどかに演奏されていた頃の音楽を一緒に楽しみませんか。
ルネサンス・バグパイプは、本来は2ドローン、1チャンターですが、教室では演奏が比較的容易な1ドローン、1チャンターの楽器を使用します。どなたでもすぐに音が出ますが、それなりの演奏ができるようになるには、多少の練習が必要です。最初に、楽器との相性を確かめるために試奏をしていただき、その上で継続して受講するかどうかをお決めください。基礎からお教えしますので、安心して受講いただけます。

レッスンの合間には、バグパイプについての歴史的な話や、様々なバグパイプのCDを聴いていただいたり、関連書物をご紹介したり、トリビア的な情報もご紹介します。
 
レッスンについて
*開講日時
基本的に第2,4水曜日の月2回です。
*時間
20:00~21:30
*受講料 グループレッスン 90分 1回 4,000円(税別)
なおお一人の場合は個人レッスンとなり90分 5,000円(税別)となります。ご了承ください。
*バグパイプレンタル料 1ヶ月 2,500円(税別)
こちらのレンタルバグパイプはご自宅へお持ち帰りいただくことが可能です。
 
講師

近藤治夫
古楽バグパイプ演奏家・製作家。古楽器演奏家。中世ヨーロッパの放浪楽師=ジョングルールについて探究。’98「ジョングルール・ボンミュジシャン」を結成、古楽器を用い中世の放浪楽師の音楽・精神を現代にどう甦らせるかをテーマに演奏活動を展開。栃木・蔵の街音楽祭、目白・バロック音楽祭、北とぴあ国際音楽祭 (参加公演)等に出演。’02本邦初のバグパイプ工房「Atlier de la Cornemuse」を開設、古楽バグパイプの製作も行っている。
ハックブレットは木製の箱の上に張られた金属の弦をバチで叩いて演奏する「打弦楽器」の一つで、ドイツの民族楽器でもあります。
英語ではダルシマーとも呼ばれますが多くのダルシマー(ハンマーダルシマー)は弦が音階に並んでいるのに対し、ハックブレットは半音階が全て並んでいるためあらゆる曲に対応できるのが魅力の一つです。
講師の小川美香子先生は中世から現代ポップスまで生徒さんに合わせて幅広いレッスンをしてくださいます。
ハックブレットの甘美でどこか懐かしい音色を当店でぜひ体験なさってください!(ハックブレットは500円でレンタルが可能です)
 
*開講日 いずれかの木曜日
*料金:個人レッスン 1コマ 50分 5,000円
(価格は全て税別です。事前にご予約をお願い致します)
 
講師紹介
 
小川美香子
ハックブレット/中世ダルシマー/バロックサルテリオ奏者。
打弦楽器をリヒャルト・シュトラウス音楽院のB.シュトルツェンブルグ氏、古楽パーカッションをM.モレナ氏に師事。TV、ラジオ、CAPCOMゲーム音楽の録音や在ミラノ日本国総領事館の後援を得て天正遣欧少年使節団をテーマとした演奏会をイタリアで行うなど、打楽器、打弦楽器奏者として中世から現代曲まで幅広い演奏活動を行っている。
ALMレコードより「メランコリア~ダルシマーの世界~」をリリース。レコード芸術準推薦盤、朝日新聞「for your Collection」推薦盤、ステレオディスクセレクションで最優秀録音盤に選出される。全音楽譜出版社より各種楽譜出版に携わっている。
 

小川美香子先生の演奏です。

フィオール(バイオリン、フィドル)
17世紀頃スウェーデンにやってきたフィドルは、そのまま伝統音楽の花形楽器となりました。
ポーランドなどから輸入されたダンス音楽と結びつき、それ以降のスウェーデン伝統音楽の多くの曲がバイオリンによって演奏されてきました。スウェーデン語ではフィオール、ノルウェー語ではフェーレと呼ばれます。
楽器自体はクラシックと同じですが、クラシックとは違う独自の奏法や音程、特殊なチューニング法が、地方ごとの音楽を特徴付けています。
 

ハーディングフェーレ
17世紀まで歴史を遡ることのできる、バイオリンに似た形をしたノルウェーの伝統楽器です。演奏するための弦が4本に加え、直接は弾かず共鳴させるための細い弦が4〜5本張ってあります。その特徴や奏法によって一度に何種類もの音を鳴らすことが出来ます。ほとんどの弦は専用のガット弦(羊や牛の腸)を使い、チューニングや音程の違いからバイオリンに比べると繊細で立体的に音を響かせながら演奏されます。外観の華やかな装飾も特徴のひとつです。
伝統的な曲はメロディと同時に伴奏音を弾き、ポリフォニックな響きをしています。
 
レッスンについて
*開講日時 いずれかの土日(Facebookで告知いたします)
*料金 個人レッスン 1コマ 50分 5,000円+税
フィドルやハーディングフェーレの弾き方を個人のニーズに合わせてお教えします。
受講日やペースなど相談しながら決めていきますが、基本のペースは隔週になります。
 
基本的な楽器の構え方、体の使い方、基礎/応用テクニック、曲、伴奏、編曲などレベルに合わせて対応いたします。
基礎を大事に、長く健康的に弾ける&楽しめる奏法を心がけ、自主的に上達していくための手助けをさせていただきます。
※初心者、経験者問わず歓迎いたします。
※お子様は基本的に6歳以上からお受けいたします。(応相談)
※ハーディングフェーレ
バイオリンに似た楽器に見えますが、実際にはかなり違った意識で作られた楽器であると言えます。
代表的な違いとして「共鳴弦」「ガット弦」の2点が挙げられます。
「共鳴弦」を十分に鳴らすこと、「ガット弦」の豊かな音色をコントロールすることを大事にこの楽器ならではの音色を引き出す方法をお伝えします。
 
講師
野間友貴
 

北欧伝統音楽に精通する弦楽器奏者/作編曲家。
フィドル(バイオリン)、ハーディングフェーレや5弦ヴィオラ、マンドーラなど様々な弦楽器を演奏する。また、オリジナリティ溢れる作曲・編曲は様々なバンドやレコーディングを通して知られている。日本へ北欧フィドル文化の醍醐味を伝える一方、北欧へは伝統音楽の可能性を提示し続ける。

3歳でヴァイオリンを始め、ヴィオラを百武由紀氏に師事。名古屋音楽大学卒。
18歳から北欧伝統音楽に取り組み2006年「Drakskip」を主宰、日本全国各地~北欧各国で演奏活動を行う。2015年8月~16年6月にはスウェーデンへ。Malungsfolkhögskola伝統音楽科で学びながら、スウェーデン、ノルウェー各地の名手を訪問し研鑽を重ねる。近年も西ダーラナへのフィールドワークを続ける。
主な出演にFujiRockFestival2015(日本)、KaustinenFolkmusicFestival2012(フィンランド)、KörroFolkmusicFestival2012/2014(スウェーデン)「LIFE ~夢のカタチ~」(朝日放送)、「Från Haverö till Osaka」(スウェーデン公共放送) など。作・編曲では演劇用楽曲、オーケストラへの委嘱作曲、USEN、SquareEnixMusicシリーズにおいて編曲を担当。
www.yukinoma.com

 
<曲目や楽譜のあるイベントページはこちら>
https://www.facebook.com/TokyoScandiSession/
 

TOKYO SCANDI SESSION @ResonoSound
東京北欧セッション@レソノサウンド

弾くもよし、聴いてるもよし、北欧の民族音楽をほっこり楽しむ参加型音楽イベント”東京北欧セッション”!
スウェーデンの伝統曲をベースに、その場に集まった人が知ってる曲を出し合いながら演奏し、音楽を楽しみます。

ベテランも初心者も、北欧の民族音楽を知らないという人も、見学だけしてみたいという人も、みんな大歓迎!
毎月第3土曜に定期開催しています。事前申し込みは必要ありません。途中の入退場も可能です。

気になった人は来てね!待ってます!!

<構成>
第1部:16〜18時、曲を教えたり教えてもらったりタイム

Fika(フィーカ):北欧のお茶をする文化です。持ち寄ったお菓子とお茶で歓談を楽しみましょう。

第2部:18時~21時、全室開放
 〔セッションの輪に加わる、人から曲を教わる、話し込む(?)などなど、思い思いにお過ごしください。〕

<入場料>
1,000円(税込)

<楽器について>
各自持ち寄りです。音量の出すぎる楽器のみご遠慮いただければ楽器の国籍を問わずお好きな楽器をお持ちください。そして様々な楽器との合奏を楽しんでください!
もちろん、レソノサウンドの備品楽器の有料レンタルもご利用になれます。
レンタル品一覧はこちらからご覧いただけます。
https://www.resono-sound.com/rental/

雰囲気はこんな感じです!

 
イラストレーターのAsaoさんによる体験レポート漫画です。

詳しくはお問い合わせください。

Posted by resono-sound